スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2013 シーズンレビューQB編

    WRに特化してドラフト選手のっける方がいいのかそれともライオンズのシーズンレビューをやった方がいいのか。
    読者の方はどちらが見たいんだろう。


    Matthew Stafford 374/634 4650Yds 29TDs 19INTs Comp%58.5 23Sck QBRate84.2 4QCB2回
                37Car 69Yds 2TDs

    今年はスタフォが健康だったのでヒルの出番はなし。
    数字的には4500Ydオーバーでマニング・ブリーズに続き3位、29TDはリーグ6位
    少々Rateが低いのが難点ですがここはアンラッキーINTや成功率の問題か。

     印象としてはQごとの波が激しかった印象、ここはプレーコールの問題やAirCoryellがあってなかったという可能性がありますがフランチャイズQBとして迎えているんですからそこそこの結果は出してほしいところ。
     DAL戦のスパイクと見せかけたダイブを見るとかなりクレバーな印象ではあるんですがやっぱりコールなのかなぁ…しかしすべてコールのせいにするのも…

     逆にOCロンバルディ、HCコールドウェルは何度も言いますがスタフォにとっては追い風。マニング・ブリーズのコーチをした二人がQBコーチなのでスタフォと心中する気は満々でしょう。というかそれ以外の選択肢はない。
     あと他チームのファンに聞くと結構スタッフォードの評価は高い。隣の芝は青いのか、それとも過大評価されるタイプなのか、どちらにしろ結論はあと4年のうちに2度はPO出場させることができるかどうかといったところ。

     今オフの動き
     まあ特に動く必要もないだろう、ヒルがFAなのでバックアップは必要になるが3年連続全試合出場なのでそこまでのベテランも必要はないか、ケレンムーアをとりあえず確保でヒルは他チームという形でも問題ないだろう。
     補強ポイントがここではないことは明白、補強は必要ない。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ねる猫

    Author:ねる猫
    英語と日本語が苦手なLions&D-Backsファン
    英語が苦手なので誤訳等ありましたら申し訳ない
    日本語も苦手なので文面だけだとイラッとされる方いらしゃると思いますが温かく見守ってください

    個人的な趣味を呟くスピーカー
    https://twitter.com/NeruCats

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    来場者数
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。