スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    12' Week12 vsHou レビュー

    輝かしき感謝祭
    12 ●DET 31 - 34 HOU
    11 ●DET 15 - 27 GB
    10 ●DET 24 - 45 NE
    09 ●DET 12 - 34 GB
    08 ●DET *6 - 47 TEN
    07 ●DET 26 - 37 GB
    06 ●DET 10 - 27 MIA
    05 ●DET 20 - 27 ATL
    04 ●DET *9 - 41 IND
    03 ○DET 22 - 17 GB
    02 ●DET 12 - 20 NE
    01 ●DET 27 - 29 GB

    1勝11敗

    相手チームが勝ち星をくれるDETに感謝する日のようです。
    1Q2Q3Q4QOT
    HOU014107334
    DET71437031
     

     正直フォスターにもやられていない。シュアリスはワットに対して100点満点をつけていいようなプレーだった。
     スタッフォードもブラインドサイドがあっさり崩れる中、モーションしながらよく投げた。
     それでも届かないこの点差。これが勢いの差なのか、地力の差なのか、お笑いの差なのか。お笑いはNYに髪が降臨してたからそっちには勝てないな。

     O#総括
     スタッフォード 31/61 441Yd 2TDs
     レショア 12CAR 32Yd TD  ベル 5CAR 47Yd TD
     メガトロン 8REC 140Yd TD  ブロイルズ 6REC 126Yd  ペティ8REC 57Yd
     まあOTあったにしてもかなりのスタッツ。レショアはロスタックルが多かったのが響きました。ブロイルズはシュアキャッチで活躍、まあ惜しいところでドロップ気味のもありましたがそれ抜きにしても大活躍です。ペティもOTでRAC狙い過ぎでファンブルしてましたがそれだけで責めることはできないでしょう。
     メガトロンは35Ydレシーブに22YdTDRecと大活躍。TDのレシーブを見るに去年のようなTD連発もあるかもしれません。というかメガトロンマンツーで抑えられるのはリービスくらいだぜ。
     地上戦の方はさすがに堅いHOUD#、ほとんどゲインはできていませんでしたしロスもありましたがショットガンからのドローやオフタックルは3回に1回くらい出ていました。あとの2回はロス~2Yd程度のゲインでしたが。
     OLはリーフがスミスにかなり押し込まれていたのとライオーラあたりがズルズル押し込まれていた以外は特に問題ないかと。まあルードが途中でOUTになったのも大きいですが前評判ほどのラッシュはかかってなかったかと。

     D#
     フォスターも完全にホールぶち抜かれたのは記憶にあるので3~4度のみ、あとは無理やり外の持ち出してまくってゲインというパターンでした。フォーセット?知らん。
     タロックも15タックルとあまりタックル多くないイメージでしたが今季すでに77Tackle。カバーもランストップもいいですしいい指揮官です。延長できてよかった。フェアリーもランではDLぶち割ってフォスターをロスの時点で捕まえかかることがしばしば。やっとプリンスの影を忘れつ事ができそうです。
     パスD#に関してはビースト180Yd。これはもううちのDBじゃ止まりません。完全にカバーしてたのにヒューストンの裏でキャッチとかなんだあいつは。フェアリーは中からプレッシャーかかっていましたしエヴリルは2Sck1FF十分ですね。問題はKVBでしょうか。スタッツはなし、存在感もなし。かといって控えの選手もなぁという感じに。
     パスD#問題点としてはCBがPAに引っ掛かってレシーバードフリーにしてたことでしょうか。まあフォスター警戒もわかりますしショーブもハンドオフフェイク上手いんですが。それにしたってつられすぎじゃないですかね…

     STはPR3Yd、KRもかなりしっかりカバーできてました。バイウィーク前とは違うチームみたいだ。ハンソン最後は47ydをポストに当て、負けてしまいましたがハンソン先生が外すなら仕方ない。


     あまり言いたくはないですが審判とシュワルツが引っ掻き回した感じにも見えました。まあインターフェアが取られなかったのはどちらもありますしホールディング見逃しなんかそれこそ日常ですが。
    ダウン見逃し→DET選手ダウンと思い込みプレーやめる→フォーセット笛が鳴ってないことに気付いてTD→シュワルツカッとなり赤旗→アンスポーツマンライクファールによりダウンのレビューはなし、チャレンジ権消滅。結果プレイスタンドでTD。
     コントかよ、コントなら審判とシュワルツでなぐり合うでもしてくれた方がマシだからそうしてくれ。去年のハーボーとの一悶着といい今回といいHCとしての資質に疑問視をしたくなります。Thankful For Schwaltz
     まあ今回のチャレンジといいヤングやスーの一件といい統率がとれていないことは確か、それでは負け始めると疑問を持たれても仕方ありません。

     まあ強がりなら「知ってた。」で終わり。これで4勝6敗。POレース崖っぷちです。しかしこの後まだ@ATLに@GBとCHI,INDが残ってるんですよね…鬼畜すぎやしないか?
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ねる猫

    Author:ねる猫
    英語と日本語が苦手なLions&D-Backsファン
    英語が苦手なので誤訳等ありましたら申し訳ない
    日本語も苦手なので文面だけだとイラッとされる方いらしゃると思いますが温かく見守ってください

    個人的な趣味を呟くスピーカー
    https://twitter.com/NeruCats

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    来場者数
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。