スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    URFA選手

    6回に2死から2本のタイムリーダブルでJ.JohnsonをKO
    最終回にザクルスキーが3ラン被弾で追いすがられるもショーが締めて8-4でMIAに勝利
    クーベルは3安打3打点、ロバーツに代わってサードに入ったランサムもダメ押しとなる2点タイムリー
    パーラ、クーベルあたりが調子いいのでこのまま点を取れれば勝ち越しもいけるでしょう

    さてそれでは先にURFAの選手を
    3日目は別記事でやります

    Rodney Austin, G, Elon
    Derek Dimke, K, Illinois
    Patrick Edwards, WR, Houston
    Carmen Messina, ILB, New Mexico
    Kellen Moore, QB, Boise State
    J.C. Oram, OL, Weber State
    Ronnie Snead, ILB, Kentucky

    Rodney Austinはラン専門Gくらいの感じ。
    フットワークはよくないが下半身は強くOLを押し込むことはできそう

    KのDerek Dimkeはシニアの去年Big Tenで35/39のFGMode
    juniorの年のKOは79KOのうち22本がTB、Aveが62Yd
    キャリアロングは52Yd。成功率は高いですがロング狙えるタイプではなさそう

    Patrick Edwardsは去年89Rec 1752Yd 20TD
    スピード、加速はいいですがキャッチは不安定。ピンズドならRACは狙えそうです

    Carmen Messinaは68Solo Tackle 1FF 3Sack 11.5TFL
    スピードがあるわけではないですがタックルは堅実、パスカバーは苦手の様子
    PSかST目指して頑張りませう

    Kellen Mooreは今回一番の大物。カレッジで49勝という記録をひっさげURFA
    ちなみにその前の記録保持者はCLEのC.Macoyの45勝だった模様
    カレッジでの成績はRSだった初年を除く4年全部でPass3,500Yd以上
    3年生時から3年続けてINTは一ケタ&35TD以上という好成績
    走りながらのパスはうまいけど肩は下の上から中の下といったところか、CLEのMacoyじゃん
    リリースは早い。問題点はさっきの肩とレフティという点ぐらいか

    Ronnie Sneadは去年75Tackle、ビデオもスカウティングも情報ないのでわからぬ

    Oramは山猫中心で使われていたことから機動力のあるGというところだろうか

    ざっと見Mooreは開幕ロスターで3rdQB、他はMessiaとDimkeがPS届くかどうかといったところか
    ざっくり書いたURFAまとめ、記事が4-7巡<URFAってどうなのよってのは言わないで
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ねる猫

    Author:ねる猫
    英語と日本語が苦手なLions&D-Backsファン
    英語が苦手なので誤訳等ありましたら申し訳ない
    日本語も苦手なので文面だけだとイラッとされる方いらしゃると思いますが温かく見守ってください

    個人的な趣味を呟くスピーカー
    https://twitter.com/NeruCats

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    来場者数
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。