スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    12' Week15 vsARZレビュー

    今オフでメイヒューシュワルツコンビもおさらばの算段が高くなってきた。
    09は仕方ないにしても10,そして今年と5年で3回も5位以内のピック位置ならそりゃあ当然だろう。



     
    1Q2Q3Q4Q
    DET073010
    ARZ02131438


    総獲得ヤード DET 312 - 196 ARZ
     なぜこれで負けるのか、ポゼッションが悪いところでのD#が2回あったからARZO#が伸びなかったこともある。それにしても酷過ぎる。ARZファンの方にとっては悪い言い方だが0-58で負けたチームの次の週でこれだけの惨敗を見せられたらたまったものではない。もしMaddenやパワプロならコントローラ窓から放り投げるレベルであろう。
     3INTはもちろんスタッフォードの責任は大きい。ただシュフラーの気の抜けているとしか思えないドロップ、50DropBack中30回以上プレッシャーをかけられるOL、こういうのを見ていると”負けるべくして負けた”といいたくなる結果である。
     今週としてはスタッフォードを擁護する点も少ない、ただ為す術もなく迫る壁のようにズルズル下がるパスプロはどうなのだろうと。3rdDownConvに関して言えば6/18と及第点。まあ3&2からラン出して結局更新できずというのも3つくらいあったから多少は。

     D#に関して言えば残り10YdくらいしかないRedZoneD#だけど何とかしてねというのはかわいそうだろう。粘り強いD#をしてパントに追い込んでもTOですぐに出番ではモチベーションも維持できないであろう。
     ただOLB二人は少々酷いか、特にデュラントは。良かった選手としてはタロックとヒル、スー、デルマスあたりか。スーとヒルはよくインサイドからプレッシャーをかけていた。Sもロングパスが来なかったとはいえしっかり守っていた印象、Sの絡むロングゲインもウェルズのTDプレーくらいではないだろうか。

     あとCBのリーは何しに来たんだ。味方リターナーにタックル、カバーでは見当違いのカバーじゃないかと思えるパシュート、まだそこいらのPS取ってきた方がよっぽど使えるぞ。

     とまあ久々に荒い記事になりました。ドラフトドラフト言っていてもやはり勝ちの方がうれしいものは嬉しい。ATL戦では負けるとしてもこんな恥ずかしい試合でないことを祈る。

    故障者リスト行き
    Corey Williams(DT)
    解雇
    Lance Long(WR)
    契約
    Andre Fluellen(DT)
    Shaun Chapas(RB)※PSより昇格
    PS
    Jimmy Saddler-McQueen(DT)

    レイシーはIRに入れるかどうかは考え中、歩いて出て行ったことから靭帯断裂ということはないようである。ATL戦にはフェアリーとペティは復帰できるそうです。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ねる猫

    Author:ねる猫
    英語と日本語が苦手なLions&D-Backsファン
    英語が苦手なので誤訳等ありましたら申し訳ない
    日本語も苦手なので文面だけだとイラッとされる方いらしゃると思いますが温かく見守ってください

    個人的な趣味を呟くスピーカー
    https://twitter.com/NeruCats

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    来場者数
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。