スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    12シーズンレビュー DE編

    3B エリックチャベス
    OF コディ・ロス
    C ウィル・ニエベス
    着実に補強ポイントは埋めてっているのにLADとの差が広がる一方な気がするのはなぜだろうか

    12シーズンレビューシリーズ
    今回は大幅に劣化したDEユニットです

    12シーズンレビュー CB編

    ※タックル数が間違っていたので修正しました


    ※ Tkl=タックル数 FF=ファンブルフォース Sfty=セーフティー
       INT=インターセプト Sck=サック PD=パスディフレクト

    Cliff Avril
    16試合 16先発 35Tkl 9.5Sck 2FF 1PD
    Kyle Vanden Bosch
    16試合 16先発 36Tkl 3.5Sck 1Sfty 1PD
    Lawrence Jackson
    15試合 21Tkl 2.5Sck 1FF
    Willie Young
    15試合 11Tkl 1PD
    Ronnel Lewis
    出場無し

    こっちはCBとはうって変わって試合に出たのが4人だけ

    12シーズン評価
     DE4人で26.5Sckした11シーズンが夢だったかのように15.5SckとプレッシャーがかからないDE四天王に大変身。
     11あったFFも3つだけに、TOが奪えない原因もここら辺にあったかと。
     今流行はDEを直線的にラッシュさせてQBにクイックパスすらさせる時間を与えない戦術らしいですがそれと逆行したWide9(TEのさらに外にセットするポジション、角度がつくためOTがラッシュをいなしづらい)がハマらなかったか、特にスピードの落ちてきたKVBには厳しい。
     ヤングは何が悪いのかさっぱりわからぬまま低調な成績で終わった。軽量小柄ということでもともと4-3DE向きの選手ではないがいきなり成績が落ち過ぎである。
     研究されたのもあると思うがこう一番の売りだったところが低調に終わると辛いものがある。

    13シーズン展望
    ローレンスとアブリルの二人がFA、アブリルは引き留めが難しいであろうことからドラフト上位でのDE指名が濃厚である。
     となると気になるのは候補であるが1巡なら
    Bjoern Werner
    Damontre Moore
    Barkevious Mingo
    Jarvis Jones
    ここら辺ですかね、まだ2巡以下は見てませんが今年はそこそこ豊作なので2巡でもいいのはいるでしょう。

    DTにDEにまわしてもそん色ない選手がそろっているのでDEは4人で問題ない。問題は外からプレッシャーがかかるかどうか、とりあえず一人は引っ張って来ないとダメですね。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ねる猫

    Author:ねる猫
    英語と日本語が苦手なLions&D-Backsファン
    英語が苦手なので誤訳等ありましたら申し訳ない
    日本語も苦手なので文面だけだとイラッとされる方いらしゃると思いますが温かく見守ってください

    個人的な趣味を呟くスピーカー
    https://twitter.com/NeruCats

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    来場者数
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。