スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    12シーズンレビュー DT編

    KVB・Petermanリリース、T.Young.Srはウェーバー経由でSTLへ。
    AvrilとL.Jacksonも放出濃厚。
    Wide9をこれでも続けようというのか、素人ではあるがこの考えはわからない。
    というかホントにCBどうするんだ。クリヒューと再契約してD2にまわすのか、D2当たる気がしないぞ。
    あとはスタッフォードとの契約見直しつつの契約延長。流石に20M以上は高すぎると判断か。

    タロックがRobert Porcher Man of the Yearを受賞。オフフィールドでファンサービスに積極的だった選手に贈られる賞だそうで。

    ※引っ越しのためO#編はコンバイン以降、下手するとFA解禁以降となりますが悪しからず。

    レビューシリーズ今回はDT
    12シーズンレビューシリーズ
    12シーズンレビュー DE編
    12シーズンレビュー LB編
    12シーズンレビュー CB編
    12シーズンレビュー S編

    Ndamukong Suh
    16試合16先発 35Tkl 8Sck 2PD
    Nick Fairley
    13試合 7先発 34Tkl 5.5Sck 2FF 1PD
    Sammie Lee Hill
    15試合 3先発 15Tkl 3PD
    Corey Williams
    7試合 5先発 9Tkl 2Sck
    Andre Fluellen
    3試合 1先発 6Tkl

    なんだかんだで層は厚かった、というかダブルチーム級二人を置けるのは大きい。
     12シーズン評価
     D1二人が並ぶインサイド二人、3テクインサイドラッシャーが並ぶフロントはDTユニットとしては屈指の15.5Sck。3rd&inc等でラインを割ってロスタックルに仕留めているプレーも多い、いや数えたわけではないけど。
     問題点としては少々怪我人が多かった。シーズン通して健康だったのはスーのみ。少々寂しい。フルーレンはフェアリーのIR後に入ってきたためこの試合数に落ち着いている。またスーとフェアリーは文句のつけようがないが出来れば控えに置石タイプを一人置きたい気もする。

     13シーズン展望
     こちらもヒル、フルーレン、コーリーと3人がFA。先発クラスは必要ないのでD6クラスの下位でも安価な中堅選手のFAでもいい。S.Cody等々ライオンズの最近のDLは中位下位でも十分なお釣りが来る選手が多いのでそれほど急いでとる必要もないだろう。Saddler-McQueenが去年PS、今季途中からPS、その後ロスター昇格しているのでヒルかフルーレンと再契約、マックイーンとどちらかというロスターの可能性も残る。どちらにしても軸二枚ははっきりしているのでそれほど大きな支障はないだろう。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ねる猫

    Author:ねる猫
    英語と日本語が苦手なLions&D-Backsファン
    英語が苦手なので誤訳等ありましたら申し訳ない
    日本語も苦手なので文面だけだとイラッとされる方いらしゃると思いますが温かく見守ってください

    個人的な趣味を呟くスピーカー
    https://twitter.com/NeruCats

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    来場者数
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。